Print this 固定ページ

センター沿革

DSC00756

1967年 4月 弘前大学計算センター発足 (HIPAC 103) システム導入
1975年10月 システム更新 (OKITAC 4300C)
1976年 3月 システム更新 (OKITAC 50/40)
1985年11月 弘前大学情報処理センターに改組拡充
1986年 1月 システム更新 (ACOS 850)
1991年 1月 システム更新 (ACOS 930) 学内ネットワーク「HIROIN」発足
1994年 4月 ネットワーク更新 (キャンパス情報ネットワーク「HIROIN」)
1994年 6月 弘前大学総合情報処理センターに改組拡充
1995年 2月 システム更新 (ACOS 930、CONVEX SPP、UP4800/680 他)
1996年 3月 ネットワーク増設 (学内ATMネットワーク)
1999年 2月 システム更新 (NX7000/K370を主とする機能分散型システム)
2002年 3月 ネットワーク増設 (学内ギガビットネットワーク)
2003年 2月 システム更新 (NASによる高速大容量ファイルサーバシステム)
2007年 2月 システム更新 (ブレードシステムによるサーバ群集中管理システム)
2010年 3月 ネットワーク更新 (新ギガビットネットワーク)
2011年 2月 システム更新 (サーバ仮想化推進と実習室PCのネットブート化)
2015年 3月

システム更新:「弘前大学情報基盤システム HIROINS 2015稼働開始

Office 365 Education 採用によるメールシステムの刷新.
Hiroin Wi-Fi:学内無線LANサービスの大幅増強と eduroam 開始.
・弘前大学キャンパスクラウドサービス「弘大クラウド」の増強.
HEROIC 2015:実習室PCシステムの刷新と起動時間の高速化.
第4実習室に30台の iMac 導入とネットブートによる管理.
・電子マネーによる支払いが可能な Pico-Print の導入
Hiroin Web 申請システムによる各種オンライン申請の開始, etc.

 

Permanent link to this article: http://www.cc.hirosaki-u.ac.jp/enkaku