Print this 固定ページ

よくあるご質問と回答

ウイルス対策ソフト

Windows 版 F-Secure のアンインストール

 

  1. 下記のリンクからアンインストールツールをダウンロードします。
     UninstallationTool.exe
  2. セキュリティの警告「このファイルを実行しますか?」が表示されましたら、発行元が F-Secure Corporation であることを確認し、[実行]を選びます。
  3. 英語で License Agreementの画面が表示されます。
    内容を確認し、上の[I accept the terms in the license agreement]をチェックして、[Next]をクリックします。
  4. Uninstallation Tool の画面が表示されます。
    [Start]をクリックすると、全てのF-Secure製品について削除を行います。
  5. 削除には数分から十数分かかることがあります。
  6. 終了すると再起動を促す画面が表示されます。
    [Restart] をクリックしてPCを再起動してください。
    (アンインストールを完了するには再起動が必要です。)

ウイルスバスターをアンインストールできない

ウイルスバスター コーポレートエディションをコントロールパネルでアンインストールできなかった場合の削除手順を説明します。

  1. こちらからファイルをダウンロードします。
  2. Windows をセーフモードで再起動します
    WindowsをSafe Mode(セーフモード)で起動する方法
  3. ダウンロードしたファイルを解凍し、vbc.batを右クリックして[管理者として実行]を選択します。
  4. [変更を許可しますか]というメッセージが表示された場合は[はい]をクリックします。
  5. コマンドプロンプトが表示されるので、消えるまで待ちます。
  6. Windowsを再起動します。
  7. ウイルスバスターのアイコンがタスクバーに表示されていないことを確認します。

※アンインストールツールによるプログラムの削除が行えなかった場合は、手動アンインストールを実施してください。

 

ノートン製品のアンインストール

 

  1. ノートン削除ツールをデスクトップなど任意の場所に保存する
  2. Norton_Removal_Tool.exeをダブルクリックする
  3. 画面上の指示に従う
  4. コンピュータを再起動する

 

 

カスペルスキー製品のアンインストール

 

  1. kavremover ユーティリティをデスクトップなど任意の場所に保存する
  2. 保存したファイル解凍します
  3. kavremover.exeを右クリックし「管理者として実行」
  4. 画面上の指示に従う
  5. コンピュータを再起動する

 

 

マカフィー・個人向け製品のアンインストール

 

  1. 削除ツールをデスクトップなど任意の場所に保存する
  2. MCPR.exeをダブルクリックする
  3. 画面上の指示に従う

 

 

インストールされているウイルス対策ソフトの確認

ESET AV Removerはウイルス対策ソフトのアンインストールを行うツールですが、ソフトによってはアンインストールできないものもあります。何がインストールされているか確認するのには有効なツールですので利用方法を説明します。

  1. [コントロールパネル]-[システム]
    [システム]アイコンが表示されない場合は、表示方法を[小さいアイコン]に変更します
  2. 「システムの種類」欄に明記されている「数値」を確認します
    「32ビット….」または 「64ビット…」のどちらであるか確認します
  3. 上記で確認した数値に対応したESET AV Removerをダウンロードする
    「32ビット….」の場合はこちら
    「64ビット…」の場合はこちら
  4. 画面上の指示に従う
    Firefoxが削除候補としてリストされる場合がありますが削除せず、右上の×を押してウインドウを閉じてください。

 

 

F-Secure の再インストール

タスクバーにF-Secureアイコンf-secureが表示されていない場合は、正常に動作していませんので、下記の手順で再インストールしてください。

  1. F-Secureをアンインストールする
  2. 画面右下のタスクバーにJavaアイコンf-secureが表示されていないことを確認する
    表示されている場合はJavaアップデートを行ってください
  3. インストールされているウイルス対策ソフトの確認する
  4. インストール済みのウイルス対策ソフトをアンインストールする
    ウイルスバスター・コーポレートエディション
    ノートン製品
    カスペルスキー製品
    マカフィー製品
  5. F-Secureをインストールする

 

 

Java アップデート

 

  1. 画面右下のタスクバーにJavaアイコンf-secureが表示されていることを確認する
    java1
     隠れている場合もあるので▽もクリックして確認してください。
    java2
  2. Javaアイコンf-secureをクリックして画面の指示に従いアップデートする
    java3
  3. アップデート完了

java4

 

 

Mac OS 版 F-Secureのバージョン確認方法

 

  1. メニューバーのF-Secureアイコンf-secureをクリックして[F-Secure Client Security for Mac]を選択する
        
  2. 赤〇内の?をクリックして[バージョン情報]を選択する
     
  3. 赤枠内がF-Secureのバージョンです
          

Windows 版 F-Secureのバージョン確認方法

 

  1. タスクバーのF-Secureアイコンf-secureを右クリックして[バージョン情報]を選択する
       
  2. 内がF-Secureのバージョンです
       

F-Secure 以外のウイルス対策ソフトを使用してもいいの?

本学では,標的型攻撃に対応したウイルス対策ソフト F-Secure のキャンパスライセンスを導入しました.このライセンスにより,Hiroin IDを持つ全ての教職員が,台数に制限なく業務に使用するパソコンに F-Secure をインストールすることができます.

キャンパスライセンス版の F-Secure の使用に際しては,個別に費用はかかりません.それにも関わらず,あえて別のウイルス対策ソフトを購入し使用することについて問い合わせがありましたので,センターの考えを以下にまとめます.

  1. 標的型攻撃に対応していない等,F-Secure 以下の機能しか持たない他のウイルス対策ソフトをあえて購入し使用することは避けて下さい.セキュリティ対策上,問題があります.
  2. F-Secure 以上の機能を有する別の標的型攻撃対策ソフトを使用することは,標的型攻撃対策の強化という観点から,これを妨げるものではありません.
  3. 標的型攻撃に対応していない別のウイルス対策ソフトが,システムの一部として一括導入されている場合,これを変更する際に費用が必要となるなど,F-Secure へ簡単に移行できない場合も想定されます.しかし,標的型攻撃への対応は本学の情報セキュリティ対策上の急務です.システム導入の担当者は納入業者等に相談の上,遅滞ない対応をお願いします.

また,現在使用している F-Secure 以外のウイルス対策ソフトの有効期間がまだ残っているが,それでも F-Secure を入れなければならないか,というご質問もありましたので,センターの考えを以下に追加します.

  • 現在ご使用のウイルス対策ソフトは標的型攻撃に対応していますか?
    対応していない場合,あるいは対応しているかどうかわからない場合,すみやかに F-Secure に入れ替えて下さい.F-Secure は「標的型攻撃等による情報漏えいへの対策」として導入することが本学役員会で説明されていることをご理解いただきますようお願いします.

Mac OS 版F-Secureのアンインストール

 

  1. [移動]-[アプリケーション]
  2. [F-Secure]-[F-Secure ….. Security for macをアンインストールする]
  3. [アンインストール]
  4. パスワードを入力する

     

  5. [Webブラウザを再起動]
  6. アンインストール完了
     

「ダウンロードしたユーザ数が少ない」と表示されダウンロードできない

 

  1. 以下が表示された場合は「操作」をクリックしてください。
  2. 以下の表示が出たら,「その他のオプション」の左側のボタンをクリックしてください。
  3. いちばん下の「実行」をクリックしてください。

 

 

 

Permanent link to this article: http://www.cc.hirosaki-u.ac.jp/faqs