Print this 固定ページ

よくあるご質問と回答

Thunderbird

学外から Thunderbird でメールアカウントの追加がうまくいかない

この不具合は 2015/02/04 に解消されました.


Thunderbird で Office 365 を利用する場合,ここに書いてあるように,新しいメールアカウントを追加すれば,サーバ情報は全て自動で設定されます.しかし,学外からだと,この自動設定がうまく機能しないという不具合がありました.

設定を見直し,学外からでもサーバ情報が自動で設定されるようにしました.

 

Thunderbirdで見えないフォルダがある

  1. 画面左側のフォルダツリーの赤丸付近で右クリックします。koudoku1-1
  2. 表示されたメニューの中から「購読」を選択します。
    koudoku2-1
  3. 読みたいフォルダにチェックをつけて「OK」ボタンを押します。
    koudoku3-1サブ・フォルダがある場合,左の三角から下の階層のフォルダを表示して設定してください。

    ※フォルダ名に関する注意点
    「受信トレイ」などの特定のフォルダはメールソフトにて自動で読み替えを行うため,購読の設定時に英語表記で表示されている場合があります。
    以下フォルダの表記例(「英語表記」 → 「日本語表記」):
    「INBOX」  → 「受信トレイ」
    「Sent」 → 「送信済みトレイ」
    「Drafts」 → 「下書き」
    「Templates」 → 「テンプレート」
    「Trash」 → 「ごみ箱」
    「Archeves」  → 「アーカイブ」
    「Junk」 → 「迷惑メール」

 

Thunderbirdで下書きが保存できない

別途「下書き」用のフォルダを追加すると改善する場合があります。2通りの方法がありますので、どちらかの方法を確認して下さい。

Thunderbird 上で作成する方法:

  1. Thunderbirdを起動して、左側のツリーのメールアドレス「xxx@hirosaki-u.ac.jp」を選んで、右クリックする。
  2. 「新しいフォルダ」を選び、「名前」の欄に「Drafts」と入力して、「フォルダを作成」を押します。

 

Office365(Outlook Web App)で作成する方法:

  1. Office365のWebメールにログインをします。
  2. メールの画面左側の「フォルダ」から「その他」を押します。
  3. 「+」のマークを押すと,入力用のボックスが表示されるので,そこに「Drafts」と入力してフォルダを追加します。
  4. Thunderbirdを起動して,購読設定から「Drafts」にチェックを入れます。
    購読設定についてはこちらから

Thunderbirdで「メールボックスへ書き込めませんでした。」と表示される

「メールをメールボックスへ書き込めませんでした。ファイルシステムに書き込み権限があるか、メールボックスへコピーするのに十分なディスク容量があるか確認してください.」

等表示される場合は、フォルダの最適化をすると解決できる可能性があります。下記のどちらかをお試しください。

  • フォルダを右クリックして「最適化」をクリック
  • メニュー欄の[ファイル]→[フォルダの最適化]をクリック

メールの送受信に時間がかかる

Office 365 の設定をして,Thunderbird や Becky! の IMAP でメールを読み書きしているが,以前の学内サーバと比べ,メールの送受信に時間がかかるようになった.

回答:

確かに,学内のメールサーバのレスポンスと比べると遅いですが,試しに Thunderbird で gmail (IMAP) のアカウント設定を行って,送信してみると送信サーバにはそこそこ待たされます.
outlook.office365.com や smtp.office365.com のIMAP接続が gmail に比べて特別遅すぎるということはないように感じます.

学外の共有メールサーバを利用していることなどを考えると,致し方ない部分もあります.

改善策はあります.
Thunderbird や Becky! などのサードパーティ製品でなく,Microsoft 社の製品 Outlook を使うことです.
Exchange にネイティブ対応している純正製品では,メール送受信は快適です.

また,Thunderbird はデフォルトではメールをバックグラウンド送信しませんが,設定エディタでバックグラウンド送信を可能にする設定を行うことができ,送信完了まで待たされることがなくなります.以下の記事を参考にして下さい.

Thunderbirdで「サインアップサーバと通信できませんでした。」と表示される

アカウントを設定しようとすると「申し訳ありません。サインアップサーバーと通信できませんでした。インター ネットへの接続を確認してください。」等表示される場合は、ウイルス対策ソフトが原因となっていることがあります。

ウイルス対策ソフトを一時的に停止させてから、再度設定してみてください。

Thunderbirdでのパスワード設定トラブル対処方法

 Thunderbirdにて以下のエラーメッセージが表示される場合、Thunderbird上に保存しているパスワードの設定ファイルのデータが壊れている可能性があります。

error1-1error1-2

以下の手順で改善される場合があります。

※以下の手順を行う場合パスワードを全てThunderbirdに設定し直す必要がありますので,事前にパスワードを確認してください。また,プロファイルを直接操作することになりますので,作業は慎重に行ってください。不用意にファイルやフォルダを削除するとThunderbirdが起動しなくなる恐れがあります。

  1. 「ツール」→「アカウント設定」から「サーバ設定」を選び,「メッセージの保存先」確認して,メモ帳等に記録します。
  2. Thunderbirdを終了します。
  3. 1で記録した保存先の「Profiles」の下の階層のフォルダに移動します。
    Windows7の例:
    Users¥<ユーザ名>¥AppData¥Roaming¥Thunderbird¥Profiles¥<ランダムな文字列>.default
  4. 「signons.sqlite」をデスクトップ等別の場所に移動します。
  5. Thunderbirdを起動して,全てのアカウントに対しパスワードを再度設定します。
  6. 利用できることが確認取れましたら,移動した古い「signons.sqlite」を削除します。

参考サイト:

Thunderbird 3でメールパスワードのトラブル

Thunderbirdのフォルダやアカウントの並び替え方法

 Thunderbirdの画面左側にあるアカウントやフォルダ順番について,アドオンを入れることで並び替えることができます。

  1. 「ツール」→「アドオン」を選び,「アドオンマネージャ」のタブを開きます。
  2. 右上の検索フォームに「Manually sort folders」を入力して,虫眼鏡のアイコンを押し検索します。
  3. 「Manually sort folders」をインストールしてThnderbirdを再起動します。
  4. 「アドオンマネージャー」のタブに移動し,「Manually sort folders」の「設定」を選択します。
  5. 「アカウントの並び替え」や「フォルダの並び替え」のタブを指定してそれぞれ並び替えを行います。

Thunderbird のメール送信に時間がかかる,バックグラウンドで送信させたい

Thunderbird はデフォルトではバックグラウンド送信を行いません.以下のように設定エディタで mailnews.sendInBackgroundtrue に設定することにより,送信の際,待たされることがなくなります.

以下は OS X での設定例です.

「環境設定」から…

send-bg1

「詳細」の「一般」から,「高度な設定」の項の「設定エディタ」をクリックします.

send-bg2

「細心の注意を払って使用する」を細心の注意を払ってクリックして下さい.

send-bg3

検索欄に,mailnews.sendInBackground を入力して検索し,
false の部分をクリックして…

send-bg4

ture になれば,OKです.

send-bg5

これで,Thunderbird がバックグラウンドでメールを送信するようになります.

Thunderbirdで送信しようするとエラーが表示される

Thunderbirdで送信しようとすると以下のエラーメッセージが表示される場合があります。

thunderbird_err1

[ツール]-[アカウント設定]

smtp

送信(SMTP)サーバ:Hirosaki Univ. smtp.office365.com

となっていることを確認します。

Thunderbirdで複数のメールアカウント(@hirosaki-u.ac.jp)を設定している場合、Hirosaki Univ. smtp.office365.comが複数表示されます。
同じものに見えますが、設定内容はアカウントごとに異なりますので正しい方を選択してください。

異なるパソコンにThunderbirdのプロファイルの移動する

 [スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[コマンドプロンプト]

profile1-1

32-bit 版 Windows:
"C:\Program Files\Mozilla Thunderbird\thunderbird.exe" -p

64-bit 版 Windows:
"C:\Program Files (x86)\Mozilla Thunderbird\thunderbird.exe" -p

 profile2-1[新しいプロファイルを作成]をクリックする。

profile3-1

[次へ]をクリックする。

profile4-1

名前を入力して[完了]をクリックする。

profile2-2

[今後このプロファイルを使用する]のチェックを外し、[終了]をクリックする。

profile5-1

%appdata%thunderbird\profiles
をエクスプローラーで開く。

profile6-1

先ほど作成したプロファイルフォルダ(xxxxx.Default User)を開き、バックアップしたプロファイルフォルダの中をコピーします。

 

Thunderbirdの迷惑メール対策

 Thunderbird では、迷惑メールフィルタによって不要な迷惑メールを受信トレイから自動的に取り除き、特定のフォルダに格納することができます。迷惑メールフィルタに迷惑メールの判別基準を学習させることで、フィルタの精度を高めることができます。

  1. [ツール]- [アカウント設定]-[迷惑メール]
    「このアカウントで迷惑メールの学習フィルタを有効にする」にチェック。
    「迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する」にチェック。
    meiwaku1-1

  2. 迷惑メールを選択して「迷惑マークを付ける」をクリックする。
    meiwaku2-1
  3. 「迷惑メールフィルタについて」注意を読んで[OK]クリックします。
    meiwaku3-1
  4. 赤丸のようなマークが表示されます。
    meiwaku4-1

Permanent link to this article: http://www.cc.hirosaki-u.ac.jp/faqs