Print this 固定ページ

電話で認証する場合

Web ブラウザで多要素認証を設定する前に用意すること

ご自身のスマートフォンや携帯電話,又は大学や自宅の固定電話にかかってきた電話を受けて認証できます。主にどの電話番号で受けるか,決めておいてください。(通話料金はかかりません。)

Web ブラウザで Office 365 にログインして多要素認証を設定する

利用者個人が一度 Web ブラウザで Office 365 にログインしてご自身の多要素認証を設定してください。この作業を行わないと,多要素認証が機能しません。

以下のリンクから Office 365 にログインします。

(なお,初めて Web ブラウザで Office 365 にログインした場合のみ,表示言語とタイムゾーンの設定画面が表示されますので,「日本語(日本)」,「(UTC+9:00) 大阪 札幌 東京」等と選択して「保存」を押します。)

Hiroin ID とパスワードでログインすると…

以下のような画面が表示されますので,
 次へ  をクリックします。

(なお,以下のような「詳細情報が必要」の画面が表示されない場合は,その利用者の多要素認証がまだ有効になっていません。時間をおいてお試しいただきますよう,お願いします。)

以下の例のように,「手順1:ご希望のご連絡方法をお知らせください。」のところで…

  • 認証用電話」を選択し…
    • 日本(+81)」を選択し,電話番号を入力し… (先頭の0はそのままでよいです。)
      • 「方法」は「電話する」を選びます。

 次へ  をクリックすると,以下のように画面になり,電話がかかってきますので日本語音声ガイダンスに従って操作してください。本稿執筆時点では#ボタンを押すようにとのガイダンスが流れます。(なお,ごく一部に残存している旧式のダイヤル回線の場合は,トーンボタンを押した後に#ボタンを押すと良いようです。)最後に,多要素認証に対応していないアプリのために,アプリ パスワードが表示されますので,このパスワードはコピーするなりメモするなりして,大事にとっておいてください。

アプリ パスワードは Thunderbird,Windows の Outlook,macOS のメール(macOS Mojave を除く)等で Office 365 を利用するために必要です。

認証用電話を追加で登録する

認証用電話は以下のようにして複数登録できます。まず,

次に,「セキュリティとプライバシー」をクリックして…

  • 追加のセキュリティ検証」をクリックし…
    • アカウントのセキュリティに使用する電話番号を更新します。」をクリックします。

以下のように「代替の認証用電話」を設定して  保存  します。

 

多要素認証対応のアプリで Office 365 を利用する

Web ブラウザで Office 365 にログインする場合を例に,多要素認証に対応したアプリでの Office 365 利用例を示します。まず,Office 365 に弘大メールアドレスと Hiroin ID のパスワードでログインします。

Web ブラウザの画面は以下のように変わります。設定した認証用電話に電話がかかってきますので,日本語音声ガイダンスに従い,#を押してください。これで認証できました。

□「今後 14 日間はこのメッセージを表示しない」

チェックをつけておくと,一度認証された環境では 14日間,この多要素認証によるサインイン要求が表示されません。

問題が発生した場合は,別の方法でサインイン

別の方法でサインイン」をクリックすると,以下のようにあらかじめ登録している別の方法で認証することができます。

Permanent link to this article: http://www.cc.hirosaki-u.ac.jp/office365-mfa/office365-mfa-tel